誰にもバレずにクラミジアを治療したい・・・

2019.01.27

誰にもバレずにクラミジアを治療したい・・・ はコメントを受け付けていません。

クラミジア治療薬は病院以外でも入手可能

個人輸入のクラミジア購入なら匿名性ばっちり

最近感染者が増加していると言われる性病・クラミジアですが、自覚症状も弱い事から感染に気が付いていないケースがよくあります。特に近年の若い人は生活習慣の乱れや食事・服薬などからすっかりと免疫力が低下していて、非常に感染しやすい体になっている事もあります。それでクラミジアや淋病といった性病は、挿入による感染だけでなく、フェラチオなどでも移るので、風俗でも蔓延しているとされているのです。そういった事もあって、クラミジアなどの性病に感染してしまった方には、専門クリニックへ行って治療してもらうなんて恥ずかしくて無理という方も多く見られます。ですが放置するわけにはいきません。愛するパートナーに感染させる危険や、自分も不妊症などの疾患を受けてしまいます。そこで、そういった方は誰にも知られずに秘かに治療をしたいと望む事でしょう。そこでひとつ方法があります。それは個人輸入の形で、海外からクラミジア治療薬を購入するなら匿名性もばっちりです。

個人輸入でクラミジア治療薬を購入するという事

『抗生物質を勝手に使っても大丈夫なの?』そう心配する声はあります。ただし、専門クリニックへ行っても、する事は単に抗生物質を適量処方するだけの事です。それならば医師でなくても同じ事という意見があり、これは道理にかなっています。それにクラミジア菌は抗生物質の投与で、ほぼ確実に除菌・殺菌されていますので、それ程難しい治療ではないという事もあります。そこでまず、自宅でできる性病検査キットを購入します。これで性病菌を確定し、クラミジアだとすればクラリスやジスロマックなどのクラミジア治療薬を購入すれば良いのです。特にジスロマックは海外では個人治療によく利用されている抗生物質で、2000mgを1回飲むだけで90%の感染が治まるとされています。これで過剰摂取の危険が回避できるでしょう。1回服用して2週間ほど待てば治ってしまうのですから安心です。もちろん日本の病院でも同様の抗生物質を投与しています。また、このジスマロックは胎児に影響がないので、妊婦さんでも安心して使えます。ただし、抗生物質治療はがん治療でも問題になっている通り、人体への副作用が強い事と、乱用による耐性菌の発生が心配されます。個人輸入は自己責任の購入法ですから、副作用や服用方法に関する安全対策は各自用意しておく様におすすめします。

関連記事

コメントは利用できません。