尿道から膿?!まさか自分が性病に

ある日突然尿から黄色い膿が!これって性病じゃないの?

どうやら風俗通いで性病を移されてしまったようです

ちょっと前から尿道が痒い様な違和感がしていました。何だろうとは思っていたのですが、それ以外に変わった様子もなく、日常生活に何ら支障はなかったです。それがある時おしっこをしていると、ちょっと黄色っぽい膿みたいな液体が出てきたのです。その時は凄くびっくりして、『自分は何に犯されているのか?』といきなり頭の中がクラクラッとしたのを覚えています。その後も注意してみると、おしっこには白っぽい膿や黄色っぽい膿が混ざっていて、最近では痛みも出始めていました。これはおかしいと思いました。それですぐにネットで調べてみると、『性病の可能性がある』という話がいくつもヒットするではありませんか!考えられるケースとしては、性病の感染による尿道炎で、しかも淋病かクラミジア菌感染が濃厚とありました。確かに性病感染には身に覚えがあります。実は僕は風俗通いが好きで、月に2,3度ヘルスに通っているのです。ネットでは挿入しなくても、フェラチオでも移るとあったので、僕の場合はそれが原因かもしれません。そんな心配を抱えたままで、まともに仕事ができませんでした。僕は営業で外回りをしていましたが、セールスは明るい対応が基本です。でも『もしかしたら性病かもしれない』と思うだけで、今後の人生が暗くなってくるのです。その時の僕のイメージでは、性病で鼻や耳が落ちたり、EDになったり、そういった悲惨な結果を思い描いていたので余計不安が募っていました。

思い切って性病専門のクリニックへ行ってみました

いよいよ決心を固めて、有名なクリニックへ―仕事帰りに行ってみました。そこには数人の女性の看護師さんと医院長先生がいて、ちょっと話をするのが恥ずかしかったです。それでも診察はあっという間に終わりました。結果はクラミジア菌感染による尿道炎という事で、抗生物質を飲みました。これで治療は終わり、3週間後に検査に来るようにだけ言われました。まだその検査日は来ていないのですが、先生が言うには『何も心配はいらない』との事で、僕もそれを信じて大人しくしているだけです。もちろん、ちゃんと治るまでは風俗にもいきませんし、オナニーも控えているくらいです。30年間の人生で性病になったのはもちろん初めてで、大袈裟ではなく人生が終わったとショックを受けました。今思えばバカな話です。知らない事の恐ろしさを実感しました。今後も風俗へは行くでしょう。でも性病に関しては注意深く対応していこうと思っています。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。