先日セックスをした娘にクラミジアをうつされたようです。

2019.01.27

先日セックスをした娘にクラミジアをうつされたようです。 はコメントを受け付けていません。

たくさんいるセフレの誰かに性病・クラミジアを移されました

僕には出会い系サイトのセフレがたくさんいます

僕はこれまで、出会い系サイトでナンパした女性とセフレになって、かなり自由にセックスを楽しんできました。これまでナンパした女性の数は30人を超えています。ある時は同時進行で4人ものセフレとセックスしていた時期もあって、まるでハーレムみたいだと舞い上がっていたものです。でもそれが先週の事、おしっこをした時にちょっとした痛みを感じる様になりました。そして数日後、朝おしっこをしていると便器に黄色っぽい膿みたいなものが落ちたのです。もちろんその時も痛みはありました。さすがに2つも異変が重なっては、僕も平気だと済ます事ができませんでした。それで僕の症状の原因を調べてみると、それは淋病などの性病に罹って、それで尿道炎を起こしているらしいことが分かりました。つまりセフレの誰かから性病を移されてしまったようなのです。でもちゃんとコンドームはしているし、なんで性病が移ったのだろうか?これについても説明がありました。淋病やクラジミアは喉感染をするので、フェラチオなどでも性器に菌が移ってしまうのだそうです。それは知らなかった事で、自分も迂闊でした。でも普通はコンドームをしたままフェラはしないのです。ただしちょっと気が休まったのは、クラミジア程度ならば抗生物質ですぐ直るという事です。放っておくと危険ですが、すぐに治療してもらえば心配ないとありました。

泌尿器科には行きにくいので、自分で治す方法を選びました

それで、いざ泌尿器科のある病院を訪ねたのですが、受付にはたくさんの患者さんがいて、それに若い看護婦さんも数人見られます。そんな状況で、受付の看護婦さんに『性病の事できました』とはとても言えません。こんな多くの人に、自分の無様な面を晒すのは御免でした。その場は退散して、家に帰ってネット情報を探しますと、性病検査キットというものを見つけました。数千円と安いのですぐにネット購入を申し込みまいた。そして治療薬である抗生物質もネットで売っていました。これもクラミジアや淋病専用の抗生物質で、服用法なども簡単だと知って、ほんとうに助かった思いです。体験談や口コミには実際の利用者のコメントがあって、医者もただ抗生物質を投与するだけで、それならば適正量を自分で飲んでも同じだと言うのです。全く医者というのはがめつい生き物です。それで診察料や検査料、その他もろもろ高い治療費を支払わせているとのコメントも多々ありました。僕もこの方法でやってみるつもりです。

関連記事

コメントは利用できません。